みんなどうやって稼いでいるの?を調べてみたよ

投稿者: | 2017年10月15日

先週から資産激減中のタカトレです。こんにちは。
本当にやばい状態で、作戦を立て直さないといけないなということで、いま調査中です。
何パターンか調べましたのでまとめてみました。

 

作戦パターン1「時価総額が低くて今後化けそうなものに長期投資する」

これは過去のNEMの日足なんだけど2017年3月にガチホしていた人はMAXで2259%そのまま下落しても持ち続けてていても1000%って感じ。
もってるだけで儲かる。こんな銘柄を見つけて、ホールドするっていう戦略ですね。

でもよく見ると長い長い不動の時代があるんですね。なかなか動かないものを長時間もってられるかなー?

twitterで有名な人達は結構このタイプの人多い。だいたいNEMとかリップルとか大きく上がったものを持ち続けるみたい。

 

手法:将来性があるか調べる。時価総額ランクの上位に行くか?伸びしろはあるのか?を調査して投資する長期ファンダメンタル重視な方法。

メリット:将来性のある銘柄が見つかれば常にトレードしなくていいいのでリーマントレーダーに優しい。消耗が無い。

デメリット:銘柄を誤るとダメージ大きく機会損失がハンパじゃない。

 

作戦パターン2「ICOを繰りかえし投資する」

まず前提としてこちらのブログを御覧ください。

オワコンなんだ、、、。やっぱりICOの乱発によって稼ぎにくくなっているんだねー。
その中でもこれは覇権取るでしょみたいなのが出てくるんでそれを見逃さずに投資していくって感じですかね。
まだ全く疎いんでよくわからないですが。

やはりこちらのブログの方はICOをすごく研究されていますね。要チェックです。

手法:ホワイトペーパーを読んで将来性があるか調べて参加。上がる銘柄の特徴を過去から研究して厳選して投資。

メリット:作戦パターン1と同様、将来性のある銘柄が見つかれば常にトレードしなくていいいのでリーマントレーダーに優しい。消耗が無い。

デメリット:作戦パターン1と同様、銘柄を誤るとダメージ大きい。

 

作戦パターン3「短期トーレド。デイトレ、スイング、ビットコインFXで稼ぐ」

実はtwitterで人気のあるトレーダーはこのタイプがとても多い印象。今日はプラス10%、私は20%だわと、とても華やかだよね。そのためフォロワーも多いです。

仮想通貨トレードで一ヵ月で資産を三倍にした方法

1ヶ月で3倍って凄いですね。

ビットコインFXで100万円→1000万円を達成。稼ぐ方法、やり方を具体的に解説【追記あり】

こちらは4,5ヶ月ですかね、10倍。

こちらは天才スキャルパーのanさん。なんと1日に2.7倍とか叩き出すみたいね。

 

手法:今の私にはわからないwやればやるほど負けまくってる。真似したい人はリンク先どうぞ。どうなってもしらんw

メリット:期間の収益はダントツ(勝てれば)

デメリット:リーマンにはつらい。夜しか取引出来ない。消耗が激しい。

 

作戦パターン4「マイニング」

私も強力なPCを持っているので試してみたんだけど、電気代考えるとこれはもう国内では厳しいのでは?

マイニングにかかる電気代について本気で考えてみました。

GPU5枚刺しで月+2万円の収益らしいので結構、初期投資に金かかる割には大変ですね。場所もかかるし騒音も熱も凄いので夏場は冷房も必要でより電気代がかかるよね。

ループ、仮想通貨の「マイニング」向けに割安電気

マイニング用の電気料金プランがでるらしいのでもっとマシになるかもしれないですね。

 

手法:pcを組み立てる技術が必須。今はモネロかイーサリウムを採掘(イーサリウムはもうすぐ報酬が無くなるので注意)

メリット:トレードをしなくていいので消耗が無い。

デメリット:PCが壊れるととたんに収益プランが破綻する。電気代の問題で日本ではリターンが少ない。

作戦パターン5「アービトラージ」

シニノカズさんって最初アビトラで稼いでたんだ。へー。

 

手法:PCに張り付いて取引間で価格差が生まれたらその差額で利ざやを稼ぐ。(詳しくは上のブログで)

メリット:一回の価格は少ないけど確実に稼げるらしい。

デメリット:ボットが増えてきて稼ぎにくくなっているらしい。(ただし参入者を減らすポジトークの可能性あり)

まとめ

とまあ他にも「POS系トークン」とか「自動売買ツールを買って頼る」とか他にもあるかもしれないけど一旦調査おわり。

現実的なラインで今後はこれだと言うような銘柄を探し当てて長期投資をして

もう片方で1万円とかで短期の練習とかいいんじゃないかなと思ってるよ。

引き続き稼ぎ方についてはアンテナ張っていくよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です